[ 手紙 ]

作詞:りえこ 作曲:あきさん

雲ひとつない青空に
弱音吐くことさえぎられ
下を向き通り過ぎてゆく
こんなはずじゃ
なかったけれど
もしもなんてことは
有り得なくて
なまぬるい優しさに
おぼれてしまう前に
確かなこの手をつかんで
ねぇ 知っているよ
その笑顔本物じゃないよね
気付いていないと想ってるの
ここには私しかいないよ
だから無理して笑わないで
余所見しているから
思い切り泣いてもいいよ

自分以外の人がみんな
幸せに見えひとりぽっち
目を伏せて膝をかかえこむ
空回る毎日にとまどい
泡になった光を頼りに
曖昧に集められた
ぬくもりなんかじゃ
満たされるはずなどないから
うん 知っているよ
素直になるのって難しいよね
だけど忘れないでいて欲しい
私はずっと味方だから
いつもそんなに強がらないで
疲れたのなら
いつでも肩を貸すよ

あの日言ってくれたよね
「ひとりじゃないよ。」って
同じことをあなたに言うよ
何があっても
あなたを守るから

その笑顔本物じゃないよね
気付いていないと想ってるの
ここには私しかいないよ
だから無理して笑わないで
余所見しているから
思い切り泣いてもいいよ
疲れたのなら
いつでも肩を貸すよ


back